制御盤の設計製造、海外規格なら制御盤.com|三笠製作所

制御盤の海外規格、制御盤設計なら「制御盤.com」。業界No.1の情報提供&見積もりサイト。

制御盤.com by三笠製作所

せいぎょばんカフェ通信

バックナンバー

vol.9September 2015発行

ドイツ、イタリア、アメリカから制御盤技術者が来日。
日本人技術者と共にこれからの制御とインダストリアル4.0 を語りつくします!!

制御盤の海外規格と海外での困り事が1日で解決するカンファレンスは間も無く開催です。

設計・製造・出荷・サービス・資材・購買のご担当者様向けに昨日までわからなかった制御盤の海外規格対応がこの1日で解決するカンファレンスです。

制御盤設計・製造、UL508A の認定工場である民間中小企業の三笠製作所が
この度業界初【制御盤世界カンファレンス】を10/13・15 に開催することとなりました。

このカンファレンスでは、ドイツ、イタリア、アメリカから制御盤業界の技術者たちが来日し、制御盤業界の海外事情や最先端技術、将来像などを語りつくすとともに、海外制御メーカーも多数スピーカー兼出展企業として参加します。技術者のスピーチと展示ブースの出展で、さまざまな海外制御事情・制御業界の将来像を日本国内に発信します。

★カンファレンス開催の目的

現在から近い将来にかけて、国外出荷する機械制御装置も仕向地の法令を遵守していくことが当たり前になります。

法令遵守していくためにも、日本の機械装置メーカーに電機制御に関する世界標準規格(UL・CE など)を正しく理解していただく事が重要になります。

その世界標準規格を理解するきっかけとしてUL508A の認定工場であり、北米・欧州に多数業務提携先を持つ三笠製作所は、業務提携先のドイツ、イタリア、アメリカの制御盤メーカーの技術者を日本に招集し、【制御盤世界カンファレンス】の開催を決定しました。

各国の機械装置・電機制御の現状や、今後の制御業界の動きやIOT やインダストリアル4.0、また日本企業に期待する海外のニーズなどの情報を入手していただき、法令を遵守する為の知識を学ぶとともに、将来の企業戦略の策定などに役立ててもらうことを目的としております。

★カンファレンスの特徴

・業界初のビックイベントであり、他には無い貴重なカンファレンスであること。
・他には無いビックイベントでありながら、参加費が無料であること。
・海外の制御盤のプロが来日し、スピーチが生で聞けること。
・海外の有名な制御メーカーのスピーチが生で聞けること。
・会場内に海外の制御メーカーのミニ展示ブースを設け、見学できること。
・通訳が入り安心してご参加いただけること。
・事前予約で個別相談が受けられること。

IST Engineering

881 Yosemite Way Milpitas CA 95035 USA
James Pak 代表取締役社長
アメリカのシリコンバレーに所在する制御メーカー。社長を務めるJames Pak 氏は、三菱やSiemens、Allen Bradley のシーケンサーもプログラミングできるスキルを持っている。
そして、制御箱の板金工場を保有しており、制御盤の筐体や機械カバー、プラケットなども自社で製作できる設備を取り揃えている。そのため、現地での電気工事や設備の立ち上げも協力を得ることができる。
開発、設計から制御盤の製造、北米での電気工事など、お互いに協力でき、スピーディーでハイクオリティな対応につなげることができる。

FRANZOSI S.N.C.

Via Gaudenzio Ferrari, 21 – 21047 Saronno (VA) ITALY
Andrea Carlo Franzosi Owner
イタリアの北東サロンノに所在する制御盤メーカー。AndreaCarlo Franzosi 氏は、筐体設計や回路設計はもちろん、SIEMENSABB OMRON のプログラムもこなすエキスパートである。
同社は長い歴史を持ち、かつ設計力と製造の技術力はとても高く、欧州で信頼を得ている。なかでも、配線はとても美しくしかも完璧であり、目を見張るものがある。欧州各地での電気工事・プログラム変更も対応可能なため、ますます欧州でのお客様へのサービスが充実し、さらなる起案・提案につなげることができる。

SAR Gröpler GmbH

Paul-Lechler-Straße 8, 72581 Dettingen an der Erms, German
Stefan Käppler Engineer/Programmer
ドイツのデッティンゲン・アム・エルムスに所在する制御盤メーカー。Stefan Käppler 氏は、ソフト設計、ハード設計、制御盤の製作まですべてをこなすエキスパートなエンジニアである。SAR GröplerGmb 社は主に自動車部品のリグ試験(ショックアブソーバーテスト、クラッチテスト、動作・強度テスト)、材料リグ試験、移動実験室、テストシステム、ガスショックアブソーバーや水力発電プラントのシムテムの制御盤を手がけている。
その他には上記試験のノウハウや計測・分析・試験・コントロールについて提供することができる。また、制御工学やデータの獲得にも詳しい。取引先にBMW、BOSCH、Daimler AG、DELPHI、EADS、FORD などがある。

三笠製作所

橋本佳紀 制御設計士
制御盤の海外規格の設計に関して経験豊富であり、世界130 の国と地域の規格を網羅する事を目標の一つとしている。また、第一種電気工事士の資格を保有しており、設計だけでなく制御盤の製造から工事まで対応することが可能である。31 歳 名古屋大学出身

制御盤世界カンファレンス開催情報

東京会場 
開催日時 10 月 13 日(火)9:00~18:30
フクラシア品川クリスタルスクエア2FホールA

愛知会場 
開催日時 10 月 15 日(木)9:00~18:30
名古屋国際センター 別棟ホール

参加費無料

詳しい内容は同封の参加申込書にてご案内しております。
お申込みは必要事項をご記入の上、FAX にてお申込み下さい。

合わせて、こちらのURL・お電話からも受付いたします。
URL http://www.mikasa-med.co.jp/conference.html
TEL 0587-91-3661
株式会社 三笠製作所
今回、250 席程お席のご用意をしておりますが、限りがございますのでお早目のお申し込みをお待ちしております。

 

能方研爾
ハーティング株式会社
代表取締役

ドイツメーカーで日本代表として日本法人を立ち上げ、産業用コネクタおよび産業用イーサネットスイッチ事業を拡大した後、現職に2012年2月に就任。耐環境Han® コネクタ、DIN コネクタで業界スタンダードを確立したドイツ老舗の電 子部品、機器メーカ。産業用コネクタ、デバイス用コネクタ、イーサネットスイッチ、RFID 製品やカスタムバックボード、立体回路基板(3D-MID)などの開発、製造、販売を行う。

仁藤慎哉
EPLAN
Software & Services 株式会社
代表取締役社長

1983 年日本電気株式会社入社。主に日系製造業のお客様を対象としたグローバル・ソリューション・セールスに従事。
米国、英国での駐在を経験。日本電気のグローバルシステムインテグレーション事業の立ち上げを行なう。2012 年に退職後、FDH グループ社にてクラウド環境におけるEPR パッケージの企画・販売に従事。2014 年よりドイツに本社を置くEPLANSoftware & Services 株式会社の日本法人代表取締役に就任。

Alessandro De Danieli
ABB 株式会社
ビジネスディベロップメントマネージャー

2006 年イタリアのABB に入社。過去にカナダ、アメリカ、イギリスで国際関係の仕事の経験がある。前職はLP DivisionWind Segment で技術指導者として活躍。
2014 年12 月に低電圧製品の部門に異動。サーキットブレーカーについてのスキルを持つ。数年にわたって、アメリカ、ヨーロッパ、アジアで主要なOEM のサポートを行っている。また、ヨーロッパ、カナダ、アメリカでもコンサルタントに携わっている。

三宅 崇之
リタール株式会社
産業システム営業本部 営業技術

急速に進むグローバル化、製品ライフサイクルの短期化、ニーズの多様化など、日々変化する環境への対応手段として、生産技術・製造技術向けPLM ソリューションを提供。
現在は、エンクロージャー・配電装置・温度管理およびITインフラにおいて世界トップレベルを誇るフリードヘルム・ロー・グループリタール社の一員として、さらなる躍進を続けるべく、製造業の現実問題に取組んでいる。

仲野 泰央
シーメンス・ジャパン株式会社
デジタルファクトリ事業本部 低圧制御機器部
プロダクトマネージャ

2011 年低圧制御機器部に所属、主にUL、IEC 規格の技術コンサルタントと製品プロモーションに従事。
日本から世界に展開する装置メーカ様に対し、仕向先国の現地規格への対応、適合製品の選定、エンジニアリングサポートを実施。また各国、拠点のシーメンススタッフと連携し、現地での最新情報や市場動向の提供と、装置の海外案件対応に必要な要素とは 何か、の観点から日本の設計者様のニーズに合わせた提案活動を行っている。

川野 俊充
ベッコフオートメーション株式会社
代表取締役社長

ベッコフオートメーション日本法人設立の2011 年より現職。2007年から慶應義塾大学SFC 研究所上席所員も務める。
ドイツで参画する国家プロジェクト「インダストリー4.0」の活動紹介を始め、最新技術・動向の解説を積極的に行っている。
ベッコフオートメーションはEtherCAT 開発元で、PC ベース制御に約30年の実績を持つ創業35 年のドイツ制御機器メーカ。EtherCAT対応の産業用PCをはじめ、幅広い製品ラインナップを持つ。

バックナンバー

vol.8July 2015発行

UL認定工場の三笠製作所が主催する、制御盤世界カンファレンスが10月に開催日されます。
このカンファレンスはドイツ、アメリカ、イタリア、インドから制御盤のプロが日本に集い、制御事情の今と未来を語りつくします。このカンファレンスに参加すれば、これから世界の制御盤業界の進む道が見えてきます。ULの認定工場である三笠製作所が主催する、制御盤世界カンファレンスにぜひともご参加ください。

 

ゴンドラチェフの波という言葉をご存知ですか?
製造業の場合では、約70年の周期で産業革命が起こるようなことを言います。今回の産業革命とは新たな制御業界の革命といっても過言ではなく、今流行りの言葉で言い換えると、インダストリアル4.0やIoTという表現が当てはまるでしょう。急速に進む制御業界の変革に対応すべく、三笠製作所は制御盤世界カンファレンスを開催することとなりまし。世界中から制御盤のプロが日本に集結し、制御業界の今と未来を語りつくします。今後の機械装置や制御盤がどのように進化していくのかを、このカンファレンスでご確認ください。

 

CONTROL PANEL MASTERからの一言

「世界から制御盤のプロが集結」
海外へ機械装置を売る際の必須知識とは?

アメリカ、ドイツ、イタリア、インドから、制御盤業界のエキスパートが、一堂に集うことになりました!
世界の制御盤業界の最前線で活躍するプロの声を、生で聞くことができるカンファレンスは、もちろん業界初になります!UL認定工場であり、制御盤の海外規格のスペシャリストである三笠製作所の世界中の業務提携先のプロ達が来日することによって、このようなカンファレンスが初めて実現することになりました!
日本の機械装置を世界へ売るには何が必要なのか?何が求められているのか?どんな法律を遵守すべきなのか!?他では絶対に得られない貴重な技術情報やメゾットや海外事情を、海外企業との取引拡大を狙うすべての企業様に、無料でご提供しますので、ぜひともご参加ください!

 

【制御盤世界カンファレンス開催情報】

■東京会場 
開催日時 10 月 13 日(火)9:00 〜18:30
フクラシア品川クリスタルスクエア 2FホールA
東京都港区港南1-6-41
JR品川駅港南口から徒歩8分

■名古屋会場 
開催日時 10 月 15日(木)9:00 〜18:30
名古屋国際センター 別棟ホール
名古屋市中村区那古野一丁目47 番1 号
名古屋駅より徒歩7 分

問い合わせ先 Tel:0587-91-3661
担当: 宮川・栗田 E-mail:mikasa@mikasa-med.co.jp

 

vol.7April 2015発行

制御盤海外規格のプロ集団三笠製作所がついにUL認定工場に!!

私たちならば作れます!海外規格の制御盤を!!

日本国内にたくさんの制御盤メーカーがある中で、海外規格(UL/NFPA79/CE)に万全の対応が

できる会社はどれだけあるでしょうか?    残念ながら、ほとんど存在しません。

その中で三笠製作所は、海外規格を得意とする日本の制御盤メーカーとして、全国に名を広めており、

ついにUL認定工場になりました。海外規格の制御盤の設計・製作は三笠製作所におまかせください。

WHAT’S NEW

究極の制御盤メーカー三笠製作所がUL認定工場を手に入れた!!

IEC/EN/NFPA79/UL508A 制御盤の設計に要求される海外規格に対応した設計。
そして製品に落とし込む製作ノウハウを持っております。

これは規格書を読んだだけで達成できるものではなく、豊富な経験に裏打ちされたものです。規格のポイントとなるセーフティ回路の構築は、装置全体を対象としたリスクアセスメント結果に基づいており、電機制御を通じて装置の安全を追求しています。規格対応時に必要となる検査機関での評価・試験もセッティングを行い、見落としがちな評価対象となる技術ドキュメントの作成サポートや32ヶ国語 以上に対応した翻訳といったドキュメントサポートも行っております。通常では海外規格に対応する際、設計・製作・評価や試験・技術ドキュメントの対応を別々の業者に手配し、それらのスケジューリングのすり合わせを強いられるなど、担当者は多大な時間と労力を必要とします。しかし三笠製作所の海外規格対応サービスは初めて海外進出される場合でも安心のワンストップサービスをご提供しており、ご好評をいただいております。

Automation Consult
GmbH&Co.kG

Eleonorenring,D-26169 Friesoythe Germany
Frank Berger 代表取締役社長
ドイツのフリーゾイテに所在する制御設計や制御装置のメーカー。
取締役社長のFrank Berger氏は、設計も自ら手がけるプログラマーである。シーメンス、ABB、アレン・プラドリーなどのヨーロッパ、北米向けのプログラムや概念もかなりの範囲で対応可能。そして、三菱、オムロン、松下の日本ブランドまで対応できるという優れた技術を持っている。

Industriemontage
Lengenfeld

Parkstrasse 13c 08485 Lengenfeld Germany
Silko Schmalstich 代表取締役社長
ドイツのレンゲンフェルトに所在する制御設計メーカー。
Silko Schmalstich 氏は、社長業もこなす設計のプロでありエンジニア。若くから起業して提案力にも長けており、精力的でとてもエネルギッシュだ。事業のパートナーはもちろんのこと、ドイツを中心としたヨーロッパの制御装置のノウハウも指導してくれている。元々弊社にあったヨーロッパの制御装置への知識がさらに深くなり、新しい思想や概念が入ることも期待できる。

SOF-TEK

1246 Redwood Blvd Redding CA 96003 USA
Dan Marrow CEO
アメリカのカリフォルニア州レディング市に所在する制御メーカー。
Dan Marrow 氏はCEO でもあり、さまざまな設計に精通した経験を持っている。そして、プリント基板の設計・組み付けや、各種ハーネスのコネクタ加工などの多様なアッセンブリーに対応しており、細やかな対応に期待ができる。SOF-TEK 社はUL パネルショップであり、UL に関する知識や対応幅の拡大が期待できる。

IST Engineering

881 Yosemite Way Milpitas CA 95035 USA
James Pak 代表取締役社長
アメリカのシリコンバレーに所在する制御メーカー。
社長を務めるJames Pak 氏は、三菱やSiemens、Allen Bradley のシーケンサーもプログラミングできるスキルを持っている。そして、制御箱の板金工場を保有しており、制御盤の筐体や機械カバー、プラケットなども自社で製作できる設備を取り揃えている。そのため、現地での電気工事や設備の立ち上げも協力を得ることができる。開発、設計から制御盤の製造、北米での電気工事など、お互いに協力でき、スピーディーでハイクオリティな対応につなげることができる。

FRANZOSI S.N.C.

Via Gaudenzio Ferrari, 21 – 21047 Saronno (VA) ITALY
Andrea Carlo Franzosi Owner
イタリアの北東サロンノに所在する制御盤メーカー。
Andrea Carlo Franzosi 氏は、筐体設計や回路設計はもちろん、SIEMENS ABB OMRONのプログラムもこなすエキスパートである。同社は長い歴史を持ち、かつ設計力と製造の技術力はとても高く、欧州で信頼を得ている。なかでも、配線はとても美しくしかも完璧であり、目を見張るものがある。欧州各地での電気工事・プログラム変更も対応可能なため、ますます欧州でのお客様へのサービスが充実し、さらなる起案・提案につなげることができる。

Premier Engineering
Center CO., LTD.

289/29 Moo.13 T.Rajatheva,A.Bangplee, Samutprakarn 10540 THAILAND
Sompoch Veangkum Sales Engineering
プレミアエンジニアリングセンターは、日本の高い品質とサービスを目指し、日々改善を続けているタイのローカル企業。業界を問わず多くの実績を着実に積み上げており、その礎となる強みとして、日本製の制御盤のような整った配線を得意とし製品に落とし込んでいる。日系のお客様に好評を得ており、近年では多くの日系企業と取引をスタートしている。

UL担当営業技術部長 渡邊一生

海外の業務提携先と進めているのは技術交流や情報交換だけではありません。海外進出を計画されるお客様の現地での生産や調達のサポート、納入後の工事、改造などのアフターなど、様々なご要望に対応できる体制作りを構築しております。

 

制御設計士 橋本佳紀

欧米規格で作られた装置制御盤の日本市場へのローカライズや旧型品からの日本国内メーカー品へのリプレイスのご相談も、海外本拠の企業様からいただく案件も増えてきており、国内⇔海外双方向への対応力でご案件ごとのニーズにお応えします。

vol.6January 2015発行

イタリア ・ ミラノの制御盤メーカー Franzosi s.n.c. と業務提携!

UL/CE/リスクアセスメントやSIEMENS/ABBが今以上に対応可能となりました!


1.) フランゾージーファミリーはイタリアはミラノで制御盤メーカーを経営する一家♪

制御盤設計と製造の技術力の高さで、ミラノでは一番との呼び声も高く、ヨーロッパでの信頼も絶大です!
フランゾージーファミリーと弊社との協業の歩みが始まりました♪
みなさん、これからますます弊社の制御盤事業にご期待ください♪

2.) Mr.フランゾージーは、弊社の社長と同じ立場で同じ年代のイタリア制御盤メーカー社長♪

弊社の社長がイタリアはミラノのフランゾージーの制御盤工場に業務提携に行った際に、工場見学をして技術力の高さと人柄に凄く驚いたようです!そんなフランゾージーファミリーとこれから一緒に協業出来ることがとてもとても楽しみですね!

3.) 弊社の業務提携先のイタリア制御盤メーカーのお母さん♪

お母さんの愛車はモトグッチ!!
このオートバイでミラノの街を走ってるんですね♪
世界でもホントに運転の上手いイタリア人。
ミラノの街はホントに道が狭いですからね!
モトグッチとお母さんは制御盤メーカーで大活躍♪

FIAT 500
このFIAT 500(別名チンクチェント500)という車はイタリア出身の車で、あのアニメで有名なルパンが乗っている事でも知られています。現在はモデルチェンジを繰り返し、丸いボディーラインとなって、愛らしい形から日本で500ファンがたくさん増えています。待ちでも走っているのをよく見かけるようになりましたよね♪中でもTwinAirと言う2気筒エンジンのタイプが人気で、バイクのようなエンジン音が特徴です。この車で全国津々浦々お客様のところへ走り回り2年半で50,000キロ?小さな車ですがとても頑張りました。そしてイタリアでも特別愛されているFIAT 500が、日本の制御盤メーカーで営業車として活躍していると言う話はイタリアの制御盤メーカーの皆様にとても喜ばしいお土産話になりました♪

 

vol.52014.Summer発行

超!!起案提案型の制御盤メーカー
私たちにできる事はお客様の思いの詰まった制御盤を形にする事。そして、短納期対応も実現いたします。
海外規格、CE、ULの仕様もお任せ下さい! 制御盤のショールームと本格コーヒーにこだわったカフェのコラボスペースが誕生しました。

コーヒーの美味しい制御盤店

制御盤のショールームと本格コーヒーにこだわったカフェのコラボスペースが誕生しました。
私たちはこの空間を「せいぎょばんカフェ」と呼んでいます。制御盤を見ていただきながら、美味しいコーヒーを味わっていただきたい。そして来て良かったと思っていただける、そんな三笠製作所がここにあります。

この業界では他にない制御盤をディスプレイしたショールーム

国内仕様はもちろん、海外規格の対応に強いのが特徴の制御盤メーカーです。
CE、UL規格は私たちにお任せください!お打ち合わせにはこだわりのコーヒーをどうぞ!手間を惜しまず、時間をかけ心を込めて、最高のコーヒーをお淹れいたします。ホットがお好きな方、アイスがお好きな方、いろいろご用意しています。あなたのお気に入りの一杯をみつけてみて下さい♪
制御盤の箱だけのオーダーもできますよ!オリジナル大歓迎です。WEBでは通販サイトが大好評ですよ!
ご来店いただいたお客様の中にはディスプレイの制御盤に見入ってしまわれる方も!国内仕様、そして海外仕様・海外規格も安心というお声をいただいております。CE・UL対応ももちろんOK!

おすすめ参加メニュー(1)
制御盤技術セミナーが大人気!

制御盤セミナーは約10種類のバリエーション豊かなテーマがあります。
中でも大変人気なベスト3をご紹介!

人気No.1  『制御盤海外規格セミナー』
人気No.2  『制御盤のコストダウンセミナー』
人気No.3  『制御盤の基本3作業セミナー』

社内にもセミナールームがあり、定期的に開催しています。
その他、各地方でも開催していますのでお見逃しなく!

2Fにはゆっくりお打ち合わせができるソファーラウンジもございます。
こちらでもコーヒーをどうぞ!

おすすめ参加メニュー(2)
制御盤の製作現場を見学OK!これは必見です。

お客様が目で見て納得の製造現場見学は大変おすすめです。
制御盤が出来上がる工程を見たいとご希望も大変多く人気です!

せいぎょばんカフェ

三笠製作所のショールームには、業界初の「せいぎょばんカフェ」を完備しており、ご来店頂いたお客様には、三笠製作所自慢のコーヒーをお淹れ致します。こだわりのコーヒーは毎回心を込めて豆から挽いております。「せいぎょばんカフェ通信」ではその豆のご紹介をはじめ、お楽しみプレゼントのご紹介、ご当地自慢のお店やグルメのなど、制御盤の情報だけでなく、楽しいコーナーも掲載しています♪ お近くにお寄りの際は、ぜひ「せいぎょばんカフェ」にお立ち寄りいただき、美味しいコーヒーをお召し上がりながら、制御盤ショールームをご見学下さい。


ページの先頭へ